トップヴィトン情報 > デザイナー

デザイナー

ルイヴィトンのデザイナー「マーク・ジェイコブス」氏は、1997年よりルイヴィトンのアーティスティックデザイナーとして起用されています。

 

ルイヴィトン ヴィトン情報 【デザイナー】

マーク・ジェイコブスは、1963年にアメリカのニューヨークで生まれました。そして、ハイスクール・オブ・アート・デザインを卒業後、パーソンズ・スクール・オブ・デザインに入学します。

1984年に、ジェイコブス・ダフィー・デザイン社を設立し、“マーク・ジェイコブス”レーベルを発表しました。
「ペリー・エリス賞」「ウーマンズ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」など、数々の賞を受賞しています。

1993年には、マーク・ジェイコブス インターナショナル社を設立し、「マーク・ジェイコブス・ルック」をスタートします。
そして、1997年に、ルイヴィトンのプレタポルテ(洋服)のデザイナーとして抜擢され、1998年にルイヴィトン初のプレタポルテ(洋服)を発表しました。 当初の、マーク・ジェイコブスが手がけるデザインは、贅沢な素材をシンプルなスタイルで表現されていて、『ユーティリティ・シック』と呼ばれていました。

その後、さまざまなラインのデザインにも関わり、2001年には、ニューヨークのデザイナー「スティーブン・スプラウス」とのコラボレーションによるグラフティ・ラインを発表し、2003年には、日本のデザイナー「村上隆」とのコラボレーションによる、あざやかに彩られたモノグラム・マルチカラーを発表します。

2001年より「マーク・バイ・マーク・ジェイコブス」をスタートし、留まることなく活躍しています。

製造番号  ⇔  ラインの説明

>> 【ヴィトン情報】のメニュー画面 <<  

ヴィトンサーチ カテゴリー

ヴィトン情報 - バッグ - 旅行バッグ - ミニバッグ - 財布 - キーケース - ジュエリー - ファッション - 手帳 - その他 - 新作 - サイトマップ

dummy dummy dummy