トップヴィトン情報 > 偽物の見分け方

偽物の見分け方

ヴィトンの偽物の見分け方をまとめてみました。見分け方は、いろいろとありますので、気になる方は、一度チェックしてみてください。

 

ルイヴィトン ヴィトン情報 【偽物の見分け方】

製造番号

製造番号の有無があります。ただし、もともと存在しない正規品(本物)もありますので、一概にはいえませんが、一つのポイントになるでしょう。
注意点としては、製造番号が刻印されている場所が元々見つけにくい部分にありますので、勘違いをしてしまう可能性もあります。

また、生産国(工場)のアルファベットと、「MADE IN ○○」とを照合し、間違いがないかをチェックする。あと、製造年月の数字の配列も、不自然でないかをチェックしてみるといいでしょう。
参考ページ ≫ 製造番号について

ルイヴィトンの刻印

LOUIS VUITTON
  PARIS
made in ○○(France・Spain・USA)

(実際には、LOUIS VUITTONの文字の上に、○で囲まれた(R)があります。)

この刻印の文字が、アンバランスに配列されている場合は、偽物です。

LVのロゴマーク

ヴィトンの偽物の見分け方として、有名なモノグラムのLVロゴが途中で切れていないかをチェックする。
ただ、現在では、偽物でも巧妙に作られているので、そのようなものは出回っていないかもしれません。

ファスナーの金具

ルイヴィトンのファスナー金具には、「LV」ロゴが入っているので、もしロゴがない場合は、かなりの確率で偽物でしょう。

留め具

スナップやビスに、LOUIS VUITTONの文字が刻まれています。 ない場合は、偽物です。

縫製

ルイヴィトンの製品は、高い技術力で製作されていますので、縫製が雑な場合は、偽物の確率が高くなります。

それでも、気になる場合は、専門のプロに鑑定してもらうか、もしくは、質屋に持っていくなどするといいでしょう。(偽物は、買い取ってくれませんが)

お手入れ  ⇔  スペシャルオーダーとイニシャルサービス

>> 【ヴィトン情報】のメニュー画面 <<  

ヴィトンサーチ カテゴリー

ヴィトン情報 - バッグ - 旅行バッグ - ミニバッグ - 財布 - キーケース - ジュエリー - ファッション - 手帳 - その他 - 新作 - サイトマップ

dummy dummy dummy