トップヴィトン情報 > ルイヴィトンの歴史

ルイヴィトンの歴史

ルイヴィトンの歴史を紹介していきます。初代ルイ・ヴィトンが生まれて創業までの経緯、いろいろな製品の発表、そして現在のルイヴィトンに至るまで、どのように発展していったのか、どのように拡張していったのか、その過程を、一覧表にまとめました。歴史あるルイヴィトンの世界を垣間見ることができます。

 

ルイヴィトン ヴィトン情報 【ルイヴィトンの歴史】

1821年 創業者である初代ルイ・ヴィトンは、スイスとの国境に近いフランスのジェラ山脈アンシェイで、生まれました。家業は粉屋で、12人兄弟だったといわれています。
1835年 初代ルイ・ヴィトンは、養母との折り合いが良くなく、14歳の時にわずかなお金を持ち家出をします。パリに向かって400kmの道のりを、働きながら旅を続けることになりました。
1837年 そして、2年の歳月を経てパリに到着します。そして、パリのカプシーヌ大通りで、荷造り用木箱製造兼荷造り職人の見習いとして働き始めたのです。これが、ルイ・ヴィトンの歴史のはじまりとも言える最初の第一歩でした。当時16歳。
1854年 ルイ・ヴィトンは、しっかりと経験を積んだ荷造り用木箱職人としての技術・斬新なアイデアを元に、33歳の時、パリのカプシーヌ通り4番地に世界最初の旅行かばん専門店「ルイ・ヴィトン」を設立します。その独立と同時に、結婚。ルイ・ヴィトンは、輸送機関の発達に着目し、従来の蓋の丸いトランクから、積み上げることが容易にできる平らな蓋のトランクを開発しました。その、初めてのトランクは、革より軽く、防水加工を施したコットン素材を、グレーの無地で表現された「グリ・トリアノン・キャンバス」により、製作されました。その機能的なトランクを、ナポレオン3世の皇妃ユージェニーが、旅行用衣装箱としてオーダーしたことから、ヨーロッパ中の王族からも注文が入るようになり、どんどんルイヴィトンの名声が高まっていったのです。
1857年 息子のGeorges Vuittonが生まる。
ルイ・ヴィトンの注目はとどまることがなく、隣の3番地を借り店舗を拡張します。しかし、それでも追いつかず、ロシェール通りにも工房を設けることになります。
1859年 ルイ・ヴィトンは、需要に応えるため規模を拡大し、アトリエをパリの郊外アニエールに設立。現在も特別発注品のアトリエとして使われていて、「ルイ・ヴィトン ミュージアム」が隣り合わせています。
1867年 ルイヴィトンは、パリ万国博覧会で銅メダルを授賞します。これにより、世界的な名声を得えることになるのです。
1868年 頑丈な旅行用トランクを考え出し、大型客船に積み込まれる旅行カバンや大型トランクを製作する。
1869年 エジプト総督のイスマーイル・パシャが、トランクを発注。
1871年 店鋪をスクリープ通り1番地に移し、シャンゼリゼ通りに開店するまでの43年間、営業を続けました。
1872年 ベージュに赤の2色によるストライプ柄「レイエ・キャンバス」を発表。しかし、コピー商品が出回ることになります。
1875年 旅行用衣装ケース「ワードローブトランク」を発表。
このケースは、内部に洋服をかけることができ、引き出しも装備されたものです。
1876年 赤色とベージュによるストライプ柄の「レイエ・キャンバス」が、茶色とベージュのカラーリングに変更される。
1877年 ロシアのGland Dude Nicholasや、当時、世界的に権力を持っていたスペインの王アルフォンス11世からも、トランクの発注を受ける。
1880年 ルイヴィトンの息子ジョルジュが、2代目経営者として引き継ぎました。
1883年 ルイヴィトンの3代目となる、ガストンが誕生。
1885年 世界へと進出するルイヴィトンは、まず、ロンドンに直営店をオープン。
1888年 ベージュとブラウンの市松模様「ダミエ・キャンバス」を発表。世界初の商標登録。
1889年 パリ世界博覧会で、ルイ・ヴィトン社は、金賞を受賞。
「ダミエ・キャンバス」は、商標登録もされていたにも関わらず、またもやコピー商品が出回ることとなります。
1896年 「モノグラム・キャンバス」を発表。
模造品の防止・対策として考えられたモノグラム柄は、「L」と「V」のイニシャル・花・星が組み合われた模様を、茶色とベージュにより演出されています。当時のヨーロッパでは、日本の美術に関心を持つジャポニスムが流行していたという背景もあり、2代目ジョルジョ・ヴィトンが発表したモノグラムは、日本の家紋から影響を受けて制作されました。
1890年 2代目ジョルジュが、こじ開けることのできない5枚羽の鍵を発明し、特許を取得。鍵番号は、ルイ・ヴィトン本店に登録されている。(特許取得以来現在まで使用)
1892年 創業者である初代ルイ・ヴィトン死去。
オーストラリアで、初めてルイヴィトンの製品が発表されます。
ハンドバッグの販売を開始し、トランクやハンドバッグを掲載したカタログを発表。
1893年 シカゴ世界博覧会に出展。
著書「Le Voyage」(フランス語で旅という意味)を出版。
1894年 2代目ジョルジュ・ヴィトンは、「始源から今日までの旅行」という歴史書を発表。
アジアで初めてとなる、ベトナムでルイ・ヴィトンの製品が発表されます。
1897年 自動車用トランクの発表。
1898年 パリのオートショーにルイヴィトン製品を出展。
アメリカのワナメーカー百貨店での販売を開始。
1900年 ジョルジュ・ヴィトンは、パリ世界博覧会の「旅行アイテムおよび革製品」部門を担当することになる。
1901年 モノグラム初となる、船旅用バッグの「スティーマー・バッグ」を発表。
1904年 ジョルジュ・ヴィトンは、セントルイス世界博覧会の議長を務める。
香水や衣類などを収納する仕切りの付いたトランクを新商品として発表した。
1906年 自動車旅行向けの軽量な「ドライバーズ・バッグ」と、飛行機旅行用トランクを発表。
1907年 パリー北京間の自動車レースに参加。
これが「ルイ・ヴィトンクラッシック」の始まりになります。
1908年 キャンピングカーの先駆けとなる自動車のデザインを考案。
1909年 パリの航空ショーで「ヘリコプターヴィトン」を展示。
1911年 4代目アンリが誕生。
1914年 当時のパリで、トレンドの中心でだったシャンゼリゼ大通り70番地に移転。世界一大きな旅行カバン専門店をオープンする。瞬く間に、大盛況となりました。
1917年 3代目ガストンの双子の弟、ピエールとジャンが戦死。
1924年 ルイヴィトンの定番ボストンの「キーポル」を発表。
アフリカ横断自動車旅行に参加。
1925年 ココ・シャネルの依頼により「アルマ」を制作する。
化粧ケース「ミラノ」を、パリ装飾展覧会に出展する。
1926年 インドのバローダ大王の依頼により「ティー・ケース」を制作。
1932年 シャンパンやワインを持ち運ぶための巾着バッグの「ノエ」を発表。現在は、定番のシティバッグとして親しまれています。
1936年 2代目ジョルジュ・ヴィトン死去。
指揮者レオポルド・ストコフスキーのために「セクレタリー・トランク」を制作する。
1951年 5代目パトリックが誕生。
1954年 創立100周年を迎え、シャンゼリゼ通りの本店を、マルソー通り78番地に移転する。
1955年 携帯用「ウィスキー・キャビネット」を制作。
1959年 3代目ガストン・ヴィトンは、現在のモノグラムの素材である、トアル地を開発し、発表します。そのトアル地とは、木綿地に特殊コーティングを施こしたもので、強固・弾力性、さらに耐水性にも優れた素材です。この素材により、ソフトタイプのバッグの製作が可能となり、より多くのラインナップを実現することになったのです。
1963年 デザイナーのマーク・ジェイコブズが誕生。
1970年 3代目ガストン・ヴィトン死去。
1978年 ルイ・ヴィトン日本支店が誕生。
アジア圏初の直営店が東京と大阪に同時オープン。
1981年 ルイ・ヴィトン・ジャパン設立。
1983年 ヨットレース「ルイ・ヴィトン・カップ」が開始される。
モノグラムのNEWバージョン「モノグラム・マット・ライン」の発表。
1984年 韓国のソウルに、ルイ・ヴィトンがオープンする。
1985年 エピ・ライン」を発表。麦の穂をイメージしたデザインのエピは、あざやかな彩りで表現されるカラーバリエーションが特徴。
1987年 洋酒の老舗であるモエ・ヘネシー社と合併「LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)グループ」の誕生
1988年 パリでクラシックカーのコンテスト「ルイ・ヴィトン クラシック」を初開催。「ノマド」を発表。
1989年 パリ郊外のアニエールに、「ルイ・ヴィトン・ミュージアム」をオープン。
1992年 中国の北京に、ルイ・ヴィトンをオープン。
1993年 ビジネス志向のメンズラインとして、「タイガ・ライン」を発表。
高級感あるカーフスキンの「オペラ・ライン」を発表。(1998年に廃盤になる)
1995年 パリ サンジェルマン店を、オープン。
1996年 モノグラム・キャンバス誕生100周年。
それを記念して、廃盤になった「ダミエ」を限定発表。
1997年 ルイヴィトンは、ニューヨークのデザイナー、マーク・ジェイコブズを迎え入れ、アパレル業界に進出。
1998年 モノグラム・ヴェルニ・ライン」を発表。
モノグラムの100周年記念に限定復活した「ダミエ」が、定番ラインとして完全復活する。
1999年 モノグラム・ミニ」を発表。
モノグラム・ミニは、モノグラム模様を小さく(ミニサイズ)にしたデザインで、ソフトで軽量なコットンキャンバス素材を使用し、カジュアルなシリーズになっています。
2000年 メンズライン「モノグラム・グラセ」を発表。
2001年 「モノグラム・グラフィティ」を発表。
マーク・ジェイコブスとスティーブン・スブラウスにより、デザインされました。
ルイヴィトン初のジュエリーを発表。
2002年 コント・ドゥ・フェシリーズ発表。
ルイ・ヴィトン世界最大級の店舗、「ルイ・ヴィトン表参道ビル」が、東京・表参道にオープン。
青山に旗艦店オープン。
時計「タンブール」登場。
2003年 2003年春夏コレクションに、マーク・ジェイコブスと村上隆とのコラボレーションにより、「モノグラム・マルチカラー」が誕生。斬新なモノグラムシリーズとして、定番ラインにラインナップされる。
「スハリ・ライン」を発表。
2004年 ルイ・ヴィトン創業150周年
ニューヨーク5番街に世界最大級のルイ・ヴィトンブティックがオープンし。「ダミエ・ジェアン」「モノグラム パンダ」「モノグラム・チェリー」が登場。
2005年 秋冬コレクションから、「アンティグア」を発表。キャンパス地のカジュアルライン。
2006年 春夏コレクションから、パンチング加工が施された「モノグラム・ペルフォ」と、デニム素材の「モノグラム・デニム」を発表。

ルイヴィトンの特徴  ⇔  製造国・工場

>> 【ヴィトン情報】のメニュー画面 <<  

ヴィトンサーチ カテゴリー

ヴィトン情報 - バッグ - 旅行バッグ - ミニバッグ - 財布 - キーケース - ジュエリー - ファッション - 手帳 - その他 - 新作 - サイトマップ

dummy dummy dummy